ライン

ライン




古流のいけばな『伝承生花』とは・・・



古流は江戸時代中期(1760年代)に一志軒宗普によっておこされたいけばなの流派のひとつです。
生花(古典花)はその頃より今日に伝承される古典花五体の花型(5種類のパターン・タイプと言ったらいいでしょうか)を基本とし、
様々な花型・花材によって生けられるいけばなです。
その凛としたすがすがしい姿は、軽快で粋なものです。
また、『古流松禹会』では和花ばかりではなく諸外国の輸入花も積極的に採りいれています。
輸入花の生花(伝承生花)も美しく、それぞれの雰囲気あるたたずまいに魅せられます。



生花作品例1

生花作品例2

Copyright (C) いけばな 古流・大觀流 古流松禹会 WEB SITE.. All Rights Reserved.